根芋(読み)ねいも

精選版 日本国語大辞典「根芋」の解説

ね‐いも【根芋】

〘名〙
サトイモ葉柄の基部にできるいわゆる芋。芽ばえを食用にする。《季・夏》
※日蓮遺文‐高橋殿御返事(1275)「瓜一籠、ささげひげ、こえだまめ、ねいも、かうのうり給候了」
※料理物語(1643)九「すいり汁 味噌をこくして、ねいものくきともに入。よくに之候時、鮒のすしのかしらきり入出し候也」
② 語義未詳。疱瘡(ほうそう)のことか。
※浮世草子・世間子息気質(1715)五「亭主もすれ者にて、ねいもになったら有馬より湯の尾峠の孫じゃくしをおたのみなされと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android