桂小金治(読み)かつら こきんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂小金治 かつら-こきんじ

1926-2014 昭和後期-平成時代のタレント。
大正15年10月6日生まれ。昭和21年桂小文治に弟子入りして落語家となる。27年の松竹映画出演をきっかけにその後は映画,テレビで活躍。42年からNET(現テレビ朝日)「ただいま正午・アフタヌーンショー」の司会者となり,「怒りの小金治」の異名をとった。平成26年11月3日死去。88歳。東京出身。帝京商業(現帝京大高)卒。本名は田辺幹男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android