コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂小文治 かつら こぶんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂小文治 かつら-こぶんじ

1893-1967 大正-昭和時代の落語家。
明治26年3月28日生まれ。2代桂文団治の門にはいり,大正5年桂米丸を名のる。7年桂小文治と改名。11年睦(むつみ)会にはいり,8代桂文楽,3代春風亭柳好,6代春風亭柳橋とともに「睦の四天王」と称された。のち芸術協会に合流,戦後は同副会長として後進の指導にあたった。昭和42年11月28日死去。74歳。大阪出身。本名は稲田祐次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂小文治の関連キーワード土橋亭 里う馬(9代目)春風亭 柳橋(6代目)古今亭 今輔(5代目)桂 文治(10代目)桂 枝太郎(2代目)古今亭今輔(5世)古今亭今輔(5代)春風亭柳好(3世)桂文治(10代)桂文治(10世)桂小南(2代)悠玄亭 玉介古今亭今輔やかんなめ昭和時代桂小金治落語家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂小文治の関連情報