コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川物 かつらがわもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂川物
かつらがわもの

三味線音楽の楽曲分類名称。宝暦 11 (1761) 年,京の帯屋長右衛門と隣家信濃屋の娘お半が大坂へ行く途中,盗賊に殺害され,心中に見せかけて桂川に投込まれた事件があり,これを題材に,40歳近い男と 14~15歳の娘が心中するにいたるまでを主題とする作品群が生み出された。宮薗節に1世宮薗鸞鳳軒作曲の『桂川恋の柵 (しがらみ) 』,義太夫節に菅専助作『桂川連理柵』がある。清元節の『お半』 (本名題『道行思案余〈みちゆきしあんのほか〉』) は義太夫節の曲をもとに舞台を江戸の綾瀬川に移したもの。地歌の『帯屋』は繁太夫物で,義太夫節の下の巻「帯屋」のお絹のクドキを歌詞としている。新内節には宮薗節から移曲した『桂川恋散柳 (こいのちりやなぎ) 』 (通称「白玉お半」) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android