コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川連理柵 かつらがわれんりのしがらみ

6件 の用語解説(桂川連理柵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂川連理柵
かつらがわれんりのしがらみ

浄瑠璃。世話物。2巻。菅専助作。安永5 (1776) 年大坂北堀江市の側芝居豊竹此吉座初演。宮薗節『朧の桂川』など先行のお半長右衛門情話を脚色したもの。信濃屋の娘お半は,隣家の帯屋の主人長右衛門と伊勢参りの旅宿で泊り合せたのを縁に契りを結ぶ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつらがわれんりのしがらみ〔かつらがはレンリのしがらみ〕【桂川連理柵】

浄瑠璃世話物。二段。菅専助作。安永5年(1776)大坂北堀江座初演。娘お半と隣家の中年男長右衛門の心中が主題。通称「お半長右衛門」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桂川連理柵【かつらがわれんりのしがらみ】

菅専助作の浄瑠璃,またこれに基づく歌舞伎劇1776年初演。38歳の帯屋長右衛門と14歳の信濃屋の娘お半の情話を描いたもので,長右衛門がお半との恋ゆえに,継母や義弟からいじめられるのを,貞節な女房お絹がかばう〈帯屋〉の場が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かつらがわれんりのしがらみ【桂川連理柵】

人形浄瑠璃。世話物。2段。菅専助作。通称《桂川》《お半長右衛門》。1776年(安永5)10月大坂北堀江市の側芝居で初演。1761年(宝暦11)4月12日,38歳の帯屋長右衛門が,大坂へ奉公にいく隣家の14歳になる信濃屋娘お半を伴う途中,桂川で殺された事件が実説のようで,これを戯曲では,心中事件とした。劇化の最初は,61年5月18日の刊記をもつ正本《曾根崎模様》で,お初・徳兵衛の《曾根崎心中》にお半・長右衛門の心中をからませたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かつらがわれんりのしがらみ【桂川連理柵】

人形浄瑠璃、世話物の一。菅専助作。1776年初演。信濃屋の一四歳の娘お半と隣家の四十男帯屋長右衛門との桂川での心中を内容とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂川連理柵
かつらがわれんりのしがらみ

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。2段。菅専助(すがせんすけ)作。1776年(安永5)10月、大坂・北堀江市の側(いちのかわ)芝居初演。京都・桂川で娘と中年男の死体があがったという事件をもとに生まれたお半長右衛門(ちょうえもん)の情話を脚色、浄瑠璃『曽根崎(そねざき)模様』(1761)をはじめ、いくつかの先行作を経てつくられた。
上の巻―帯屋長右衛門は遠州からの帰途、隣家信濃屋(しなのや)の娘お半の一行が伊勢詣(いせまい)りから帰るのと石部の宿で泊まり合わせ、丁稚(でっち)長吉に言い寄られて逃げてきたお半をかくまい、思わず契りを結んでしまう。
下の巻―〔六角堂〕長右衛門の女房お絹は夫とお半の関係を知るが、長吉を買収して口止めをする。〔帯屋〕長右衛門の義母おとせとその連れ子儀兵衛は、お半の一件をかぎつけ、長右衛門を追い出そうとするが、お絹は長吉を使って逆に彼らを懲らしめる。しかし、長右衛門は預りの刀紛失のうえ、懐妊したお半が書置を残して家出するという苦境が重なり、ついに桂川でお半と心中する。分別ざかりの四十男長右衛門と十四の小娘お半の恋愛を中心に、お絹の貞節なども情緒深く描いた「帯屋」が歌舞伎(かぶき)でも多く上演。ときに「六角堂」や、後年の書替え狂言から生まれた道行(みちゆき)浄瑠璃の場面を加えて演じられる。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂川連理柵の関連キーワード操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座世話浄瑠璃染模様妹背門松内海繁太郎紙子仕立両面鑑景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桂川連理柵の関連情報