桂楫(読み)カツラカジ

デジタル大辞泉の解説

かつら‐かじ〔‐かぢ〕【××楫】

月にあるという桂の木で作った(かい)。
「天の海に月の船浮け―かけて漕ぐ見ゆ月人をとこ」〈・二二二三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かつら‐かじ ‥かぢ【桂楫】

〘名〙 (「かじ」は櫂(かい)の意) 月の世界にあるという桂の木で作った船の櫂。
※万葉(8C後)一〇・二二二三「天(あめ)の海に月の船浮(う)け桂梶(かつらかぢ)かけて漕ぐ見ゆ月人壮子(つきひとをとこ)

けい‐しゅう ‥シフ【桂楫】

〘名〙 桂(かつら)の木で作った櫂(かい)。転じて、美しい櫂。
※和漢朗詠(1018頃)雑「蘭橈桂檝、舷を東海の東に鼓く〈大江朝綱〉」 〔丁仙芝‐渡揚子江詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる