コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂田長俊 かつらだ ながとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂田長俊 かつらだ-ながとし

1524-1574 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)4年生まれ。はじめ前波吉継(まえば-よしつぐ)と名のり越前(福井県)の朝倉義景の家臣だったが,のち織田信長にしたがう。天正(てんしょう)元年(1573)信長の朝倉攻め,浅井攻めにしたがい,越前守護代となった。富田長繁に攻められ,天正2年1月19日自害。51歳。越前出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂田長俊の関連キーワード一乗谷城北ノ庄城大永

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android