桂田長俊(読み)かつらだ ながとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂田長俊 かつらだ-ながとし

1524-1574 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)4年生まれ。はじめ前波吉継(まえば-よしつぐ)と名のり越前(福井県)の朝倉義景の家臣だったが,のち織田信長にしたがう。天正(てんしょう)元年(1573)信長の朝倉攻め,浅井攻めにしたがい,越前守護代となった。富田長繁に攻められ,天正2年1月19日自害。51歳。越前出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android