コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂田長俊 かつらだ ながとし

1件 の用語解説(桂田長俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂田長俊 かつらだ-ながとし

1524-1574 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)4年生まれ。はじめ前波吉継(まえば-よしつぐ)と名のり越前(福井県)の朝倉義景の家臣だったが,のち織田信長にしたがう。天正(てんしょう)元年(1573)信長の朝倉攻め,浅井攻めにしたがい,越前守護代となった。富田長繁に攻められ,天正2年1月19日自害。51歳。越前出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂田長俊の関連キーワードガマシャルル真田幸隆アンリ[3世]繰り上げ償還の特例措置新韓銀行グラナダ泰山アグリコラ犬筑波集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone