コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田長繁 とみた ながしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田長繁 とみた-ながしげ

1551-1574 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)20年生まれ。朝倉義景(よしかげ)の家臣だったが,そむいて織田信長につかえ,天正(てんしょう)元年越前(えちぜん)(福井県)府中城主となる。2年越前守護代桂田長俊(前波吉継)をほろぼすが,七里頼周(しちり-よりちか)を大将とした一向一揆勢に攻められて同年2月18日討たれた。24歳。初名長秀(ながひで)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富田長繁の関連キーワード富田長秀