コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田長繁 とみた ながしげ

1件 の用語解説(富田長繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田長繁 とみた-ながしげ

1551-1574 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)20年生まれ。朝倉義景(よしかげ)の家臣だったが,そむいて織田信長につかえ,天正(てんしょう)元年越前(えちぜん)(福井県)府中城主となる。2年越前守護代桂田長俊(前波吉継)をほろぼすが,七里頼周(しちり-よりちか)を大将とした一向一揆勢に攻められて同年2月18日討たれた。24歳。初名は長秀(ながひで)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田長繁の関連キーワードアンリ[3世]アンリ邢侗シャルル真田幸隆若山城と陶晴賢大友宗麟織田信秀大巌寺大寧寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone