コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田長繁 とみた ながしげ

1件 の用語解説(富田長繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田長繁 とみた-ながしげ

1551-1574 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)20年生まれ。朝倉義景(よしかげ)の家臣だったが,そむいて織田信長につかえ,天正(てんしょう)元年越前(えちぜん)(福井県)府中城主となる。2年越前守護代桂田長俊(前波吉継)をほろぼすが,七里頼周(しちり-よりちか)を大将とした一向一揆勢に攻められて同年2月18日討たれた。24歳。初名は長秀(ながひで)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富田長繁の関連キーワード織豊時代赤見春光安宅康重大坪一之小瀬清長佐知景則尻高景家武井夕庵本庄慶秀正木正康

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone