コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃節山 もも せつざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃節山 もも-せつざん

1832-1875 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)3年11月1日生まれ。出雲(いずも)松江藩の儒者桃翠庵(すいあん)の養子。佐藤一斎,安井息軒らにまなび,藩校修道館の教授となった。廃藩後は島根県歴史編修御用掛,教員伝習校監事。明治8年11月18日死去。44歳。本姓は杉。名は好裕。字(あざな)は君綽。通称は文之助。別号に修斎。著作に「出雲私史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桃節山の関連キーワード明治時代田村寧我

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android