コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃隣 とうりん

1件 の用語解説(桃隣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうりん【桃隣】

1649‐1719(慶安2‐享保4)
江戸前期の俳人。姓は天野,通称は藤太夫。別号は太白堂など。伊賀の人。芭蕉の縁者と思われる。1691年(元禄4)芭蕉に従って東下し,江戸に定住して俳諧師として身を立てた。96年芭蕉の三回忌に“おくのほそ道”の跡をたどり《陸奥鵆(むつちどり)》を,十七回忌には《粟津原》を編んだ。その道統は太白堂(たいはくどう)として代々栄えた。〈うぐひすの声に起きゆく雀かな〉(《炭俵》)。【桜井 武次郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

桃隣の関連キーワードチャールズ木下長嘯子チャールズ野田忠粛漂流町奉行チェコの要覧愛蘭噶爾丹河合曽良

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone