コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃隣 とうりん

世界大百科事典 第2版の解説

とうりん【桃隣】

1649‐1719(慶安2‐享保4)
江戸前期の俳人。姓は天野,通称は藤太夫。別号は太白堂など。伊賀の人。芭蕉の縁者と思われる。1691年(元禄4)芭蕉に従って東下し,江戸に定住して俳諧師として身を立てた。96年芭蕉の三回忌に“おくのほそ道”の跡をたどり《陸奥鵆(むつちどり)》を,十七回忌には《粟津原》を編んだ。その道統は太白堂(たいはくどう)として代々栄えた。〈うぐひすの声に起きゆく雀かな〉(《炭俵》)。【桜井 武次郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桃隣の関連キーワード太白堂桃隣(4代)太白堂桃隣(初代)太白堂桃隣(3代)太白堂桃隣(2代)桃林堂蝶麿石河積翠北見山奴江口孤月村田桃隣蕉門十哲切部桃隣大野景山瀬尾桃翁加藤桃隣大練舎桃家十哲空二五日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android