コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道統 どうとう dao-tong

5件 の用語解説(道統の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道統
どうとう
dao-tong

儒教用語。中国,上古の聖賢の道は,堯-舜-禹-湯-文・武-周公-孔子と伝えられ,それをさらに曾子・顔回-子思-孟子と継承したが,孟子以後は仏教や道教の出現でとだえていたものを,宋代に周子があらためて受継ぎ,二程子・張子-朱子へと伝わって,朱子がその道を大成した,という考え方

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐とう〔ダウ‐〕【道統】

儒学を伝える系統。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうとう【道統 daò tŏng】

朱子学の術語。〈先王の道〉〈聖人の道〉の系譜,またはその伝達の意。唐の韓愈(かんゆ)はその《原道》のなかで,〈先王の道〉は尭(ぎよう)→舜(しゆん)→禹(う)→湯(とう)→文王・武王・周公→孔子→孟子へと伝えられたが,孟子以後その伝は断絶したという。南宋の朱熹(しゆき)(子)はこれを承(う)け,孟子以後仏教や道教の〈異端〉が栄えたが,北宋に周敦頤(しゆうとんい)(濂渓(れんけい)),程子兄弟(程頤(ていい),程顥(ていこう))が現れて〈道統の伝〉は復活したとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうとう【道統】

学問・芸などの道を伝える系統。
儒学を伝える系統。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道統
どうとう

儒教の道を伝える聖賢の正系のこと。唐の韓愈(かんゆ)が「原道」という論文で、仏・老(道教)を排斥し儒教の道こそ真の道であるとして、堯(ぎょう)―舜(しゅん)―禹(う)―湯(とう)―文―武―周公―孔子(こうし)―孟子(もうし)という道の伝授と孟子以後の断絶を説いたのに始まる。宋(そう)代に入って孔孟の道を継承し、それを宣揚しようという道学の意識をもって問題にされ、孔子―曽子(そうし)―子思―孟子という道の伝授の確定はそのまま四書の表彰につながった。また朱子学においては、周敦頤(とんい)、二程子(程(ていこう)・程頤(ていい))が孟子以来千載不伝の学の正統を得、さらに朱熹(しゅき)(朱子)がそれを継承すると考えられた。[大島 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道統の関連キーワード李滉至道斯道朱子学派其の道情けの道学びの道窮理文の道先王の道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道統の関連情報