コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道統 どうとうdao-tong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道統
どうとう
dao-tong

儒教用語。国,上古聖賢の道は,堯-舜-禹-湯-文・武-周公-孔子と伝えられ,それをさらに曾子・顔回-子思-孟子と継承したが,孟子以後は仏教道教の出現でとだえていたものを,代に周子があらためて受継ぎ,二程子・張子-朱子へと伝わって,朱子がその道を大成した,という考え方。したがって,その先王の道を継承する朱子学儒学正統であると主張する。この考え方の萌芽は,唐代の韓愈にすでにみえるが,ドグマであって史実ではない。しかし,その道を正として宋学が確立されると,それ以外の仏教などは異端となり,仏教などの研究は軽視されることになった。そのようなゆがみは,現在でも中国思想史全体の見方に色濃く残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐とう〔ダウ‐〕【道統】

儒学を伝える系統

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうとう【道統 daò tŏng】

朱子学の術語。〈先王の道〉〈聖人の道〉の系譜,またはその伝達の意。唐の韓愈(かんゆ)はその《原道》のなかで,〈先王の道〉は尭(ぎよう)→舜(しゆん)→禹(う)→湯(とう)→文王武王・周公→孔子→孟子へと伝えられたが,孟子以後その伝は断絶したという。南宋朱熹(しゆき)(子)はこれを承(う)け,孟子以後仏教や道教の〈異端〉が栄えたが,北宋周敦頤(しゆうとんい)(濂渓(れんけい)),程子兄弟(程頤(ていい),程顥(ていこう))が現れて〈道統の伝〉は復活したとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうとう【道統】

学問・芸などの道を伝える系統。
儒学を伝える系統。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道統
どうとう

儒教の道を伝える聖賢の正系のこと。唐の韓愈(かんゆ)が「原道」という論文で、仏・老(道教)を排斥し儒教の道こそ真の道であるとして、堯(ぎょう)―舜(しゅん)―禹(う)―湯(とう)―文―武―周公―孔子(こうし)―孟子(もうし)という道の伝授と孟子以後の断絶を説いたのに始まる。宋(そう)代に入って孔孟の道を継承し、それを宣揚しようという道学の意識をもって問題にされ、孔子―曽子(そうし)―子思―孟子という道の伝授の確定はそのまま四書の表彰につながった。また朱子学においては、周敦頤(とんい)、二程子(程(ていこう)・程頤(ていい))が孟子以来千載不伝の学の正統を得、さらに朱熹(しゅき)(朱子)がそれを継承すると考えられた。[大島 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

道統の関連キーワード千宗守(初代)弘道館記述義正親町公通佐々木松後浜本 宗俊神道実行教大高坂芝山柳生兵庫助山田 三秋中体西用論山本孟遠色道大鏡鈴木養察富田勢源佐分利流吉川神道荒木元清二天一流井鳥景雲那波魯堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道統の関連情報