コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山重晴 くわやま しげはる

2件 の用語解説(桑山重晴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑山重晴 くわやま-しげはる

1524-1606 織豊時代の武将。
大永(たいえい)4年生まれ。はじめ豊臣秀吉に,ついで羽柴秀長につかえ,紀伊(きい)和歌山城代として3万石をあたえられる。関ケ原の戦いでは徳川家康に味方し,和歌山城をまもった。千利休にまなび,茶人としても知られる。慶長11年10月1日死去。83歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は宗栄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桑山重晴

没年:慶長11.10.1(1606.11.1)
生年:大永4(1524)
戦国・安土桃山時代の武将。尾張国海東郡桑山の出身で,以則の子。生年には大永7(1527)年説もある。豊臣秀吉に仕え,天正11(1583)年の賤ケ岳の戦の戦功で但馬竹田城を与えられ,従五位下修理大夫に叙任した。秀吉の弟羽柴秀長の下で各地に戦功をあげている。同13年,秀吉が紀伊和歌山を征服したとき,若山城(和歌山城)が秀長に与えられたが,秀長は重晴を城代(3万石)としている。なお重晴は千利休から茶を学び,茶人としても有名であった。慶長1(1596)年,出家して宗栄と号した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

桑山重晴の関連キーワードガマ桑山重晴江戸城徳川忠長クック繰り上げ償還の特例措置新韓銀行グラナダ泰山アグリコラ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone