桑野 通子(読み)クワノ ミチコ

20世紀日本人名事典の解説

桑野 通子
クワノ ミチコ

昭和期の女優



生年
大正4(1915)年1月4日

没年
昭和21(1946)年4月1日

出身地
東京市芝区三島町

学歴〔年〕
三田高等女学校〔昭和7年〕卒

経歴
森永製菓スウィート・ガール・ダンサーを経て昭和9年松竹蒲田入社。清水宏監督「金環蝕」でデビュー。「恋愛修学旅行」で大日方伝相手に主演。「大学の若旦那・日本晴れ」「東京の英雄」などで高杉早苗と競演。上原謙デビュー作「彼と彼女と少年達」以来コンビが続き、11年大船へ移って「船頭可愛や」「男性対女性」等に共演。12年幹部昇格。「淑女は何を忘れたか」、佐分利信と「男の償ひ」「兄とその妹」「戸田家の兄妹」等に共演、ベスト・ドレッサーぶりを発揮。14〜16年にかけ「新妻問答」「愛の暴風」「元気で行かうよ」などに活躍。17年出産。18年「をぢさん」で復帰、21年「女性の勝利」撮影中倒れた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

桑野 通子
クワノ ミチコ


職業
女優

生年月日
大正4年 1月4日

出身地
東京市 芝区三島町(東京都 港区)

学歴
三田高女〔昭和7年〕卒

経歴
森永製菓スウィート・ガール・ダンサーを経て昭和9年松竹蒲田入社。清水宏監督「金環蝕」でデビュー。「恋愛修学旅行」で大日方伝相手に主演。「大学の若旦那・日本晴れ」「東京の英雄」などで高杉早苗と競演。上原謙デビュー作「彼と彼女と少年達」以来コンビが続き、11年大船へ移って「船頭可愛や」「男性対女性」等に共演。12年幹部昇格。「淑女は何を忘れたか」、佐分利信と「男の償ひ」「兄とその妹」「戸田家の兄妹」等に共演、ベスト・ドレッサーぶりを発揮。14〜16年にかけ「新妻問答」「愛の暴風」「元気で行かうよ」などに活躍。17年出産。18年「をぢさん」で復帰、21年「女性の勝利」撮影中倒れた。

没年月日
昭和21年 4月1日 (1946年)

家族
長女=桑野 みゆき(女優)

伝記
20世紀版「スター・カレンダー」365日素敵な話―あの人の本音と素顔がよみがえる!曲者天国 島野 功緒 著中野 翠 著(発行元 講談社文芸春秋 ’08’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

桑野 通子 (くわの みちこ)

生年月日:1915年1月4日
昭和時代の女優
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android