コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桓舜 かんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桓舜 かんしゅん

978-1057 平安時代中期の僧。
天元元年生まれ。天台宗延暦(えんりゃく)寺の慶円にまなび,貞円,日助,遍救とともに比叡(ひえい)山の四傑とよばれた。藤原道長にまねかれて,法華三十講の講師をつとめ,天喜(てんぎ)2年権(ごんの)大僧都にすすむ。のち法性寺座主となった。天喜5年9月10日死去。80歳。号は月蔵房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桓舜の関連キーワード呉越天元小右記中山間地域等直接支払い制度認定農業者矢祭町議会の日当制労災死亡事故安倍頼時行尊定朝

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone