コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桓舜 かんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桓舜 かんしゅん

978-1057 平安時代中期の僧。
天元元年生まれ。天台宗延暦(えんりゃく)寺の慶円にまなび,貞円,日助,遍救とともに比叡(ひえい)山の四傑とよばれた。藤原道長にまねかれて,法華三十講の講師をつとめ,天喜(てんぎ)2年権(ごんの)大僧都にすすむ。のち法性寺座主となった。天喜5年9月10日死去。80歳。号は月蔵房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桓舜の関連キーワードイサキウス1世ロベール・ギスカールビザンティン美術呉越天元オットー2世小右記中山間地域等直接支払い制度認定農業者矢祭町議会の日当制

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android