コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶円 けいえん

2件 の用語解説(慶円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶円 けいえん

944-1019 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)7年生まれ。天台座主(ざす)喜慶に師事し,円賀に灌頂(かんじょう)をうける。天皇,貴族の帰依(きえ)をうけ,長和2年大僧正,翌年天台座主となる。後三昧座主とよばれた。寛仁(かんにん)3年9月3日死去。76歳(一説に79歳)。俗姓は藤原。

慶円 きょうえん

1140-1223 平安後期-鎌倉時代の僧。
保延(ほうえん)6年生まれ。鎮西(九州)の人。大和(奈良県)吉野山の尭仁(ぎょうにん)に真言密教広沢(ひろさわ)流をまなび,金剛王院流もおさめる。大和三輪山の平等寺を復興し,建保(けんぽ)5年京都に神光院(じんこういん)をひらいた。貞応(じょうおう)2年1月27日死去。84歳。法名は禅観。号は慈明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の慶円の言及

【三輪神道】より

…中世には単に〈三輪流〉とよばれることが多いが,後世〈三輪流神道〉ともよばれた。慶円(?‐1223)に始まるとされる。慶円の伝記は《三輪上人行状記》(1255成立)や《元亨釈書》にみえるが,神道の一派を起こした点には言及されていない。…

※「慶円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慶円の関連キーワード惟宗俊海定兼宅磨為辰宅磨為久如来尼野本基員樋口芳麻呂正恒(2)頼円(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone