コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶円 けいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶円 けいえん

944-1019 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)7年生まれ。天台座主(ざす)喜慶に師事し,円賀灌頂(かんじょう)をうける。天皇,貴族の帰依(きえ)をうけ,長和2年大僧正,翌年天台座主となる。後三昧座主とよばれた。寛仁(かんにん)3年9月3日死去。76歳(一説に79歳)。俗姓は藤原。

慶円 きょうえん

1140-1223 平安後期-鎌倉時代の僧。
保延(ほうえん)6年生まれ。鎮西(九州)の人。大和(奈良県)吉野山の尭仁(ぎょうにん)に真言密教広沢(ひろさわ)流をまなび,金剛王院流もおさめる。大和三輪山の平等寺を復興し,建保(けんぽ)5年京都に神光院(じんこういん)をひらいた。貞応(じょうおう)2年1月27日死去。84歳。法名は禅観。号は慈明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の慶円の言及

【三輪神道】より

…中世には単に〈三輪流〉とよばれることが多いが,後世〈三輪流神道〉ともよばれた。慶円(?‐1223)に始まるとされる。慶円の伝記は《三輪上人行状記》(1255成立)や《元亨釈書》にみえるが,神道の一派を起こした点には言及されていない。…

※「慶円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慶円の関連キーワード良円(1)三輪神道一華心林本證寺城在先希譲信中自敬星曼荼羅鎌倉時代本証寺聖林寺長勢保延桓舜天慶寂禅慶意覚超

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android