コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桔梗色 ききょういろ

色名がわかる辞典の解説

ききょういろ【桔梗色】

色名の一つJISの色彩規格では「こい青紫」としている。一般に、キキョウ科キキョウの花のような青紫の色をさす。秋の七草の一つで、7月から9月に花を咲かせる。平安時代から続く伝統色。秋に着用する服飾の色とされた。かさね色目いろめの名でもあり、表は二藍ふたあい、裏は。現代でも和服、和装小物、和菓子のほか、カラーインク、オーディオプレーヤーなど幅広く用いられている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ききょう‐いろ〔キキヤウ‐〕【×梗色】

桔梗の花のような青みがかった紫色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ききょういろ【桔梗色】

桔梗の花の色。藍色を帯びた紫色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

桔梗色の関連キーワード平安時代紺桔梗色彩藍色色名服飾

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桔梗色の関連情報