青紫(読み)あおむらさき

色名がわかる辞典の解説

あおむらさき【青紫】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな青紫」としている。一般に、の中間の色をさし、色のイメージは幅広い。JISの色彩規格では藤納戸ふじなんどを「つよい青紫」、桔梗ききょうを「こい青紫」、鳩羽はとばを「くすんだ青紫」、藤色を「明るい青紫」とし、さまざまな色のベースとなっている。キキョウ以外にカキツバタクサフジなども青紫の花を咲かせる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あお‐むらさき〔あを‐〕【青紫】

青みを帯びた紫色

せい‐し【青紫】

青色と紫色。また、あおむらさき。
《中国の漢の制度で、印綬公侯は紫、九卿は青を用いたところから》公卿地位

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおむらさき【青紫】

青みの強い紫色。

せいし【青紫】

青と紫。
青綬と紫綬。
〔漢書 夏侯勝伝〕 公卿の衣冠の色。公卿の地位。高位高官。 「 -堂上に陰映して、天極に星を列ねたり/太平記 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐むらさき あを‥【青紫】

〘名〙
青みがかった紫色。
※栄花(1028‐92頃)若水寝殿を見れば御簾いと青やかなるに、朽木形のあをむらさきににほへるより、女房の衣のつま袖口重なり」
江戸紫俗称

せい‐し【青紫】

〘名〙
① あお色とむらさき色。また、あおむらさき色。
② (中国、漢の制度で、公侯の印綬は紫、九卿の印綬は青を用いたところから) 公卿の称。また、公卿の地位。
※経国集(827)二〇・白猪広成対策文・策問「是則柱下之風、入皇朝青紫、仁義之敦儒也」 〔漢書‐夏侯勝伝〕
③ 公家の朝服(ちょうぶく)の色。
太平記(14C後)一一「青紫(セイシ)堂上に陰映して、天極に星を列ねたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青紫の関連情報