コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井丹波少掾 サクライタンバノショウジョウ

デジタル大辞泉の解説

さくらい‐たんばのしょうじょう〔さくらゐたんばのセウじよう〕【桜井丹波少掾】

浄瑠璃の太夫。前名、和泉太夫薩摩浄雲の門下。剛勇な金平節(きんぴらぶし)を創始し、17世紀中ごろ、江戸で人気を博した。生没年未詳。→金平浄瑠璃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらいたんばのしょうじょう【桜井丹波少掾】

江戸前期の浄瑠璃太夫。金平きんぴら浄瑠璃の祖。通称、和泉半左衛門。薩摩浄雲に学び、和泉太夫と称して、1658年頃から荒々しく豪壮な金平物を語って好評を得た。62年受領して桜井丹波少掾平正信となる。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桜井丹波少掾の言及

【金平浄瑠璃】より

…また,四天王たちの登場しない,類似の傾向の作品をも含めていわれることもある。 金平浄瑠璃を語り始めたといわれる和泉太夫は,1662年(寛文2)に受領して桜井丹波少掾平正信を称した。その芸風は《関東血気物語》に,2尺(約60cm)ばかりの鉄の棒で拍子をとり,人形の首を抜きなどしながら語ったと伝え,その語り口の豪快激越さがうかがわれるが,現在ではその曲節は不明。…

※「桜井丹波少掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

桜井丹波少掾の関連キーワード金平浄瑠璃・公平浄瑠璃桜井和泉太夫(1世)桜井和泉太夫(初代)浄瑠璃太夫岡清兵衛虎屋永閑金平物桜井

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android