コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩浄雲 さつまじょううん

7件 の用語解説(薩摩浄雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩浄雲
さつまじょううん

[生]文禄2(1593)
[没]寛文12(1672).江戸
江戸時代前期の古浄瑠璃の太夫。前名熊村小平太。京都で修業して江戸に下って活躍し,江戸の浄瑠璃界の隆盛を導いた。薩摩藩主の江戸邸で語って賞美され,薩摩を名のることを許されて薩摩太夫と称し,のち大薩摩とも呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さつま‐じょううん〔‐ジヤウウン〕【薩摩浄雲】

[1595~1672]江戸前期の古浄瑠璃の太夫。初世。山城または和泉の人。通称、虎屋次郎右衛門。別名、薩摩太夫など。剃髪して浄雲と号した。沢住検校(さわずみけんぎょう)に師事。江戸に下り操り芝居を興行、豪快な芸風、派手な人形衣装や舞台で名声を得て、江戸浄瑠璃の祖といわれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩浄雲 さつま-じょううん

1593-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文禄(ぶんろく)2年生まれ。京都で沢住検校(さわずみけんぎょう)にまなび,江戸にでて薩摩座をおこし,操り芝居を興行。杉山丹後掾(たんごのじょう)とともに江戸浄瑠璃の祖とよばれる。門人に初代虎屋源太夫,初代桜井和泉太夫らがいる。通称は虎屋次郎右衛門。別名に薩摩太夫など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

薩摩浄雲

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文禄2(1593)
江戸初期の古浄瑠璃の太夫。上方の出身で,沢住検校(京の次郎兵衛とも)に学んで虎屋次郎右衛門(あるいは熊村小平太)と称し,寛永初年に江戸に下り,上方で発展してきた人形浄瑠璃を興行し,人気を博したと伝えられる。薩摩藩主島津侯の愛顧を受けて薩摩太夫と名乗り,豪快な語り方で武勇物を得意とし,その曲風は薩摩節あるいは薩摩浄瑠璃と呼ばれて,杉山丹後掾と共に江戸浄瑠璃の開祖とされる。晩年に剃髪して浄雲と号した。正本に寛永11(1634)年刊の「はなや」,寛永末年ごろ刊行の「小袖そが」がある。門弟に虎屋源太夫,桜井丹波少掾,伊勢大掾らがいる。享保(1716~36)のころにその門流から出た大薩摩節は,劇場音楽として今日の歌舞伎に残っている。没年は不詳だが『松平大和守日記』寛文7(1667)年2月の条に「当年七十五に成よし」とある。なお,一般に東京都文京区の栄松院に墓が現存するとされているが,これは門下と伝えられる薩摩外記の供養塔である。

(鳥居フミ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さつまじょううん【薩摩浄雲】

1593‐?(文禄2‐?)
近世初期の浄瑠璃太夫。上方の出身で,はじめ京都で修業したといわれるが,後には江戸へ下り,堺町に薩摩座を興して寛永~慶安(1624‐52)を中心に活躍した。武勇物を得意とする硬派的な芸風で人気を取り,〈天下無双薩摩太夫〉とも称して杉山丹後掾とともにこの期の江戸浄瑠璃の隆盛に大きく貢献した。弟子には金平(きんぴら)物(金平浄瑠璃)で名高い桜井丹波少掾や虎屋源太夫などがいる。【原 道生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さつまじょううん【薩摩浄雲】

1593~1672) 江戸前期の浄瑠璃太夫。江戸浄瑠璃の開祖。堺(一説に京都または熊野)の人。沢住検校さわずみけんぎように浄瑠璃を学び、寛永(1624~1644)の初め頃、江戸に下り、薩摩太夫と称して操り芝居を興行、人気を得た。激越な語り口で、武勇物を得意とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩浄雲
さつまじょううん
(1593―1672)

江戸初期の古浄瑠璃(こじょうるり)の太夫(たゆう)。初世。通称虎屋(とらや)次郎右衛門。出家して浄雲を名のる。正式には薩摩浄雲太夫藤原直嗣。別名薩摩太夫など。出生地は泉州堺(さかい)、京都、紀州と諸説ある。京都で沢住検校(さわずみけんぎょう)に浄瑠璃を学び、寛永(かんえい)年間(1624~44)の初めごろまでには江戸に下り、杉山丹後掾(たんごのじょう)とともに江戸古浄瑠璃の祖となる。語り口は丹後掾と比べて硬派的剛健さが特徴。正本(しょうほん)に『はなや』(1634)ほかがある。なお2世浄雲(?―1690)の出自については不詳。[岩田道則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の薩摩浄雲の言及

【浄瑠璃】より

…その後の展開のうち,義太夫節成立までを〈古浄瑠璃〉と呼ぶ。江戸では1616年(元和2)京の滝野検校(浄瑠璃の伴奏に三味線を用いたという)の門人杉山七郎左衛門(杉山丹後掾)が下り,寛永(1624‐44)初めころに下った薩摩浄雲とともに操り興行を行った。丹後掾の正本に《清水の御本地》があるが,その末流は扇情的・抒情的な軟派の流風に傾く。…

※「薩摩浄雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

薩摩浄雲の関連キーワード嘉太夫節金平浄瑠璃女浄瑠璃上方浄瑠璃京浄瑠璃国太夫節浄瑠璃本太夫棚虎屋源太夫脇太夫

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone