桜田門外変(読み)さくらだもんがいのへん

精選版 日本国語大辞典の解説

さくらだもんがい‐の‐へん ‥モングヮイ‥【桜田門外変】

安政七年(一八六〇)三月三日、江戸城桜田門外で、大老井伊直弼(なおすけ)が水戸・薩摩の浪士ら一八名によって殺害された事件。直弼が勅許を待たずに日米修好通商条約に調印したことや、尊王攘夷派に対して安政の大獄などの苛酷な弾圧政策をとったことなどが原因で、以後、幕府の権威は急激に衰退。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜田門外変の関連情報