コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁行 はりゆき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁行
はりゆき

梁間 (はりま) ともいう。建物の棟と直角の方向。この方向に大梁をかけるのでこの名がある。桁行 (けたゆき) に対する語。建物の構成を表わすのに梁行何間,桁行何間というように示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はり‐ゆき【×梁行】

建物の梁の長さ。梁間(はりま)。
日本建築で、梁と同じ方向。→桁行(けたゆき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はりゆき【梁行】

建物の梁に平行な方向。梁間はりま。 ↔ 桁行けたゆき

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の梁行の言及

【社寺建築構造】より

…なかには双堂(ならびどう)のように,二つの屋根の軒先を接するようにして奥行きの深い建物をつくる例もある。屋根の棟に平行な方向を桁行(けたゆき)と呼び,これと直角な方向を梁行(はりゆき)と呼ぶ。また出入口が桁行方向の側面にあるものを平入り(ひらいり),梁行の側面にあるものを妻入り(つまいり)と呼ぶ。…

※「梁行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梁行の関連キーワード契沖旧庵〈円珠庵〉ならびに墓高宮廃寺跡〈奈良県〉弥勒寺官衙遺跡群相模国分尼寺跡清水山城館跡鎌倉大仏殿跡常陸国府跡泉官衙遺跡大官大寺跡橘寺境内山田寺跡青岸渡寺長岡宮跡大鳥造り智積廃寺間面記法神嘉殿淑景舎宜陽殿太山寺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梁行の関連情報