コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅干し飴 ウメボシアメ

デジタル大辞泉の解説

うめぼし‐あめ【梅干し×飴】

形や大きさが梅干しに似ている飴。砂糖に水飴を加えて煮詰め、香料・着色料を加え、油をつけて固めたもの。
梅酢などで酸味と香りを加えた飴。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うめぼしあめ【梅干し飴】

①形や大きさが梅干しに似ているあめ。砂糖・水あめなどを用い、香料着色料を加え、油をつけて固めて作る。◇江戸日本橋(現東京都中央区)に創業した和菓子店「榮太樓(えいたろう)」の細田安兵衛(三代目)が考案、「梅ぼ志飴」と名づけて商ったとされる。
②梅酢や梅肉などを用いた、梅干し風の味のするあめ。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うめぼしあめ【梅干し飴】

水飴を煮詰め、香料・着色料を加え、油をつけて固めたもの。形や大きさが梅干しに似ている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梅干し飴の関連キーワード水飴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android