コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅津中将 うめづの ちゅうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅津中将 うめづの-ちゅうじょう

平安時代中期の伝承上の武人
朱雀(すざく)天皇(在位930-946)のころ,人や家畜に危害をくわえる比叡(ひえい)山の2頭のシカ退治を命じられる。シカを周防(すおう)(山口県)の玖珂(くが)まで追跡して殺し,自分も力つきて死んだ。後世同地に神社がたてられ,中将の箙(えびら)とシカの角がまつられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梅津中将の関連キーワード朱雀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android