梅衣(読み)うめごろも

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「うめ」は「うめがさね(梅襲)」の略) 梅襲の衣。
※謡曲・弱法師(1429頃)「匂ひ来にけり梅衣(ンめごろも)の、春なれや」
② 菓子の名。求肥飴(ぎゅうひあめ)で餡(あん)を包み、その上を紫蘇(しそ)で巻いたもの。
③ 豊後梅の核(さね)をくり出して、皮や渋皮をとりさったなま焼きの栗を入れ、蒸しあげたもの。〔素人庖丁‐三(1820)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android