コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋皮 シブカワ

3件 の用語解説(渋皮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぶ‐かわ〔‐かは〕【渋皮】

樹木や果実の表皮の内側にある薄い皮。タンニンを含んでいて渋い。あまかわ。
あかじみてきたない肌。また、あか抜けのしない肌。しぶりかわ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋皮
しぶかわ

タンニンを多く含む細胞からなる種皮の内側の膜質の部分をいう場合と、タンニンを含む樹木の樹皮の一部をいう場合がある。いずれもタンニンによって渋味をもつため、渋皮という。前者ではラッカセイやクリの果実のように珠皮(しゅひ)から生じ、その中に胚(はい)を包んでいる。後者ではシイ類やナラ属などのように樹皮に渋が生じる。わが国の良質のタンニン植物には、ツガ、ウラジロエノキ、ヤマモモ、クリ、カシワなどがあり、いずれも樹皮が用いられる。[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渋皮の関連情報