豊後梅(読み)ぶんごうめ

精選版 日本国語大辞典「豊後梅」の解説

ぶんご‐うめ【豊後梅】

〘名〙 ウメ変種。アンズとの雑種に由来するとみられ、葉・花・果実が大きい。花は半八重のものが多く淡紅色で遅咲き。果実は径約五センチメートルの球形で黄赤色に熟し赤褐色の斑点がある。果肉は厚く甘酸っぱく、梅干や煮梅にされる。鶴頂梅。肥後梅。越中梅。《・春》
俳諧・ゆめみ草(1656)春「豊後梅に啼鶯や筑紫琴〈定宣〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「豊後梅」の解説

ぶんご‐うめ【豊後梅】

梅の一品種。花は淡紅色で、八重咲きが多い。実は果肉が厚く、梅干しなどに用いる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「豊後梅」の解説

豊後梅 (ブンゴウメ)

学名Prunus mume var.bungo
植物。バラ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の豊後梅の言及

【ウメ(梅)】より

…果実が大きく,梅干しや煮梅に多用される。実梅の豊後梅を代表として,花梅では武蔵野,黒田などは極大輪の品種である。このなかには,萼片が開花とともに反転して,アンズに似るものがある。…

※「豊後梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる