コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅辻規清 うめつじ のりきよ

2件 の用語解説(梅辻規清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅辻規清 うめつじ-のりきよ

賀茂規清(かもの-のりきよ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梅辻規清

没年:文久1.7.21(1861.8.26)
生年:寛政10(1798)
江戸後期の神学者で,烏伝神道の創始者。本姓は賀茂県主,家の名を梅辻という。山城国(京都)上賀茂神社の社家出身で賀茂の一族は八咫烏の後裔であるというところから,烏の子孫である自分に伝えられた神道という意味で,烏伝神道と称した。号は対翁,斎守翁,三午翁。文化10(1813)年に従五位下,同14年従五位上。巡国遍歴することを好み12年間で33カ国におよんだ。天文,暦学,神道,陽明学を交え,私意私欲を去った安心の信仰として烏伝神道を説く。同時に神祇官再興,海防,沼地開発,貧民救済を中心とした経世論を10冊にまとめ,江戸幕府に献策した。弘化3(1846)年江戸下谷池之端に居を構え,布教活動を展開し,神道を日常生活と結びつけ,その活動が社会性を帯びていたところから,信者は数千人におよんだという。そのため幕府からうとまれ,翌年捕らえられて八丈島に流罪となり,その地にあること14年で没した。<著作>『神道烏伝祓除抄』『烏伝神道大意』<参考文献>『教祖梅辻規清大人実記』,平重道「賀茂規清の経世論と天保改革」(『日本近世史の地方的展開』)

(白山芳太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅辻規清の関連キーワード雲伝神道賀茂規清儒家神道藤波神道横山神道創始者創始者の原理忌部坦斎内野アサ多門庄左衛門(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone