コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀茂規清 かもののりきよ

2件 の用語解説(賀茂規清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀茂規清
かもののりきよ

[生]寛政10(1798)
[没]文久1(1861)
江戸時代後期の神道家。神道,国学,天文,暦数などを学び,好んで諸国を遍歴した。のち陽明学,禅学によって烏伝神道を始めた。晩年は八丈島に配流された。著作『日本書紀常世長鳴鳥』『古事記鰐廼鈴形』『旧事紀日矛廼伝』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀茂規清 かもの-のりきよ

1798-1861 江戸時代後期の神道家。
寛政10年5月19日生まれ。神道,天文学,暦学,陽明学をまなび,烏伝(うでん)神道を大成。また海防,沼地開発などの論考をまとめて幕府に献策。のち江戸で神道の布教活動をして幕府にうとまれ,八丈島に流罪となった。文久元年7月21日死去。64歳。京都出身。家名は梅辻。号は対翁など。著作に「日本書紀常世長鳴鳥」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

賀茂規清の関連キーワード卜部兼倶藤波神道青木神叔浅利太賢忌部坦斎臼井雅胤梅園惟朝伴部安崇宮城春意森脇軍蔵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone