コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梟の城 フクロウノシロ

3件 の用語解説(梟の城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくろうのしろ〔ふくろふのしろ〕【梟の城】

司馬遼太郎歴史小説。京の都で活躍する忍者の姿を描く。昭和33年(1958)から翌年にかけて中外日報に連載。連載時の題名は「梟のいる都城」。昭和34年(1959)刊行。同年、第42回直木賞受賞。昭和38年(1963)および平成11年(1999)に映画化。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

梟の城

1999年公開の日本映画。監督・脚本:篠田正浩、原作:司馬遼太郎による同名小説、脚本:成瀬活雄。出演:中井貴一鶴田真由、葉月里緒菜、上川隆也、中尾彬、中村敦夫岩下志麻ほか。豊臣秀吉暗殺を依頼された忍者の活躍を描く。

梟の城

司馬遼太郎の長編時代小説。1959年刊行。豊臣秀吉暗殺を狙う忍者の活躍を描く。第42回直木賞受賞。工藤栄一監督・大友柳太朗主演の映画「忍者秘帖 梟の城」(1963)、篠田正浩監督・中井貴一主演の映画「梟の城」(1999)の原作。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梟の城の関連情報