コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠田正浩 しのだまさひろ

5件 の用語解説(篠田正浩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篠田正浩
しのだまさひろ

[生]1931.3.9. 岐阜
映画監督早稲田大学文学部卒業。 1953年松竹に入社,『恋の片道切符』 (1960) が第1作。『乾いた湖』 (60) で,松竹ヌーベルバーグ一人として注目された。以後『暗殺』 (64) ,『乾いた花』 (64) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しのだ‐まさひろ【篠田正浩】

[1931~ ]映画監督。岐阜の生まれ。「恋の片道切符」で監督デビュー。「心中天網島(てんのあみじま)」の成功で高い評価を得る。代表作「乾いた花」「暗殺」「瀬戸内少年野球団」「少年時代」「写楽」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

篠田正浩【しのだまさひろ】

映画監督。岐阜市生れ。早大卒業後,1953年松竹大船撮影所に入社。当時流行していたロカビリーを扱った《恋の片道切符》(1960年)が長編第1作。続く寺山修司脚本・武満徹音楽の《乾いた湖》(1960年)で,大島渚吉田喜重とともに〈松竹ヌーベル・バーグ〉の一人として注目される。
→関連項目粟津潔小栗康平夏目雅子フランキー堺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠田正浩 しのだ-まさひろ

1931- 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和6年3月9日生まれ。昭和28年松竹に助監督ではいり,35年自作のシナリオによる「恋の片道切符」で監督デビュー。大島渚,吉田喜重とともに松竹ヌーベル-バーグの旗手として注目される。40年フリーとなり,「心中天網島」「瀬戸内少年野球団」「写楽」などを手がけた。42年岩下志麻と結婚。平成22年「河原者ノススメ 死穢(しえ)と修羅の記憶」で泉鏡花文学賞。岐阜県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

篠田正浩
しのだまさひろ
(1931― )

映画監督。岐阜市生まれ。1953年(昭和28)早稲田(わせだ)大学卒業後、松竹大船撮影所に入る。『恋の片道切符』(1960)でデビュー、同世代の大島渚(なぎさ)、吉田喜重(よししげ)らとともに松竹ヌーベル・バーグの一翼を担う。大島の社会性、吉田の内省性に比して篠田の特徴は、当初は軽快な映像感覚にあった。ニヒルなやくざを描いた『乾いた花』(1964)、幕末の志士清河八郎に迫った『暗殺』(1964)で話題を集めたが、1965年に松竹を退社。以後は独立プロやフリーで作品を発表、徹底した様式性と大胆な実験精神で近松門左衛門に挑んだ『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』(1969)の成功により決定的な評価を得る。その後の作品には、日本的な情念のありかを古典、歴史のなかに探る作品と、少年を主人公に「戦後」の意味を問う自省的な作品という二つの傾向が顕在化していく。前者には坂口安吾(あんご)原作の『桜の森の満開の下』(1975)、水上勉(みずかみつとむ)の『はなれ瞽女(ごぜ)おりん』(1977)、泉鏡花(きょうか)の『夜叉ヶ池(やしゃがいけ)』(1979)などがあり、ふたたび近松に挑んだ『鑓(やり)の権三(ごんざ)』(1986)ではベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した。後者には『瀬戸内少年野球団』(1984)、『少年時代』(1990)、『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ』(1997)がある。また、デジタル映像の活用など新技術に対しても意欲的で、コンピュータ・グラフィクスを積極的に取り入れた映画製作を推進し、『写楽』(1995)、『梟(ふくろう)の城』(1999)を発表した。夫人は女優の岩下志麻。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

恋の片道切符(1960)
乾いた湖(1960)
夕陽に赤い俺の顔(1961)
わが恋の旅路(1961)
三味線とオートバイ(1961)
私たちの結婚(1962)
山の讃歌 燃ゆる若者たち(1962)
涙を、獅子のたて髪に(1962)
乾いた花(1964)
暗殺(1964)
美しさと哀しみと(1965)
異聞猿飛佐助(1965)
処刑の島(1966)
あかね雲(1967)
心中天網島(1969)
無頼漢(1970)
沈黙 SILENCE(1971)
天皇の世紀~第10話「攘夷(じょうい)」(1971)
札幌オリンピック(1972)
化石の森(1973)
卑弥呼(ひみこ)(1974)
桜の森の満開の下(1975)
はなれ瞽女おりん(1977)
夜叉ヶ池(1979)
悪霊島(1981)
瀬戸内少年野球団(1984)
ALLUSION 転生譚(1985)
鑓の権三(1986)
舞姫(1989)
少年時代(1990)
写楽 Sharaku(1995)
瀬戸内ムーンライト・セレナーデ(1997)
梟の城(1999)
スパイ・ゾルゲ(2003)
『篠田正浩著『心中天網島 篠田正浩作品集』(1970・仮面社) ▽篠田正浩著『闇の中の安息 篠田正浩評論集』(1979・フィルムアート社) ▽篠田正浩著『駈けぬける風景』(1980・創隆社) ▽篠田正浩著『NHKブックス739 日本語の語法で撮りたい』(1995・日本放送出版協会) ▽篠田正浩著『監督、撮らずに観る――映画館では見えてこない映画の話』(1997・ステレオサウンド) ▽梟の城製作委員会著『1999年の梟の城』(1999・扶桑社) ▽篠田正浩著『エイゼンシュテイン』(岩波書店・20世紀思想家文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠田正浩の関連キーワード市川崑熊井啓黒木和雄五社英雄中島貞夫東陽一藤田敏八前田陽一(2)松尾一郎山本晋也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

篠田正浩の関連情報