コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梯子乗り ハシゴノリ

デジタル大辞泉の解説

はしご‐のり【×梯子乗り】

まっすぐに立てたはしごの上で曲芸をすること。また、その人。消防の出初め式などに行われている。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はしごのり【梯子乗り】

軽業の一種。高いはしごの途中または上で演じる芸で,中国伝来の散楽(さんがく)に発すると思われる。延宝(1673‐81)のころ見世物に〈梯子さし〉があった。現在はサーカスの重要な演目であるが,ほかに鳶職人が消防の出初式(でぞめしき)で演じたり,東京の木場職人が木場祭に演じたりする。これには〈大亀〉〈遠見〉〈邯鄲(かんたん)夢の手枕〉などの型がある。千葉県君津市の〈鹿野山梯子獅子舞〉や岩手県陸前高田市の〈梯子虎舞〉のように,はしごは二人立ち系の獅子舞にもとり入れられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はしごのり【梯子乗り】

直立した梯子の上で、種々の曲芸をすること。また、それをする人。出初め式などで行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

梯子乗りの関連キーワード軽業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android