コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梲/卯建ち ウダチ

デジタル大辞泉の解説

うだち【×梲/×卯建ち】

うだつ」に同じ。

うだつ【×梲/×卯建つ】

《「うだち」の音変化》
(梲)建物の妻にある梁(はり)の上に立て、棟木を受ける短い束(つか)。
民家で、壁面屋根より高く造った部分。また、建物外側に張り出して設けた防火用の袖壁(そでかべ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梲/卯建ちの言及

【卯建】より

…卯立,梲とも書く。古くは梁の上にたつ束柱を意味した。…

※「梲/卯建ち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梲/卯建ちの関連キーワード上がる・揚がる・挙がる・挙る・騰る梲が上がらない梲・卯建上がるはり棟木卯建

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android