コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯建/梲 うだつ

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

うだつ【卯建/梲】

切妻屋根の妻側((むね)に直角に接する側面)の壁。特に、これを屋根より高いところまで延長して小さな屋根をつけたもの。おもに近畿地方町屋でみられた。家の格式象徴とされ、瓦(かわら)や漆喰(しっくい)を施したものは、防火防風に役立った。
➁家屋の棟と梁(はり)の間に立てる束(つか)

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

卯建

中世からの日本家屋の造りの形式で、妻壁を屋根より一段高くして小さな屋根を付けたもの。建物の外に張り出しているので防風や防火の役目を果たし、また装飾も兼ねており、その家の象徴ともされていた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うだつ【卯建】

卯立,梲とも書く。古くはの上にたつ束柱を意味した。室町時代以後は,民家の妻壁を大屋根面より一段高く突出させて小屋根をつけたものをもさす。《洛中洛外図屛風》にも多く描かれているが,ここにみる小屋根は草ぶきや板ぶきで,のちのものの多くが瓦ぶきであるのと異なっている。これは民家の屋根ふき材料が草ぶき,板ぶきから瓦ぶきへと変化してきたことと関係がある。〈うだつ〉は,富や格式の高さを象徴する一つの方法であり,〈うだつが上がらぬ〉はよい身分になれないことのたとえである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の卯建/梲の言及

【住居】より

…なかには妻側の壁を高くあげ,建物外側を高い土壁で囲むようにした家もあり,防火に対する関心もうかがわれる。屋根は板葺きで石を置いているが,長屋であっても隣家との間に茅の小屋根でつくった〈卯建(うだつ∥うだち)〉を置き,一戸ごとのくぎりを明確にしている。内部ははっきりしないが,片側が裏まで抜ける土間になり,それに沿って前後2室の床(ゆか)の間が並んでいるようである。…

【町家(町屋)】より

…それに対して,東日本の町家は,〈せがい造〉(側柱の上部から腕木をのばして棚をつくる)で持ち出した深い軒と勾配の緩い軽快な石置き屋根が外観を特徴づける。 江戸時代の京都の町家では,軒端で妻壁を屋根より一段高く立ちあげ,上に小屋根を載せた壁をつくり〈うだつ(卯建)〉と呼んだ。防火のため,あるいは富や格式の象徴といわれているが,いまではほとんど見かけなくなっている。…

※「卯建/梲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卯建/梲の関連キーワード東部中世長屋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android