コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うだつ うだつ

2件 の用語解説(うだつの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うだつ
うだつ

建築用語。梁上の短柱,すなわち束 (つか) 。うだち (宇太知,宇立) ともいう。また,妻壁には必ずうだつがあるところから,転じて妻壁をいう。なお,切妻造民家の妻に一段高く屋根をふいたところを本卯建 (ほんうだつ) といい,さらにその下方が軒下に出て袖壁となったものを袖卯建 (そでうだつ) というようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うだつ
うだつ / 卯建・

日本建築用語。古くは建物の棟(むね)を支えるため、梁(はり)上に立てられた棟束(つか)を宇太知(うだち)、宇立(うだち)の名でよんでいた。いまでも丹波(たんば)地方(京都府・兵庫県)の古民家では、棟を支える束を「おだち」というが、宇立が転訛(てんか)したものと思われる。建物の妻(側面)ではこの束が直接みえるので、妻の棟束をさすようになり、中世末からは、町屋の妻に屋根より上に突き出す壁ができて、この部分をも卯建とよぶようになった。建物の両妻で軒下につけられた袖(そで)壁をも卯建とよぶことがある。[工藤圭章]
が上がらない」ということばでよく知られるが、このことばは「いつもいつも上から押さえつけられていて、いっこうに出世できない」「運が悪くてさっぱりよい目が出ない」などの意で用いられる。
 この慣用句は、「を上げる」ということばが大工仲間で「家を建て、棟(むね)上げをする」ことをいい、転じて志を遂げることをさすようになったとか、あるいは、京阪地方で、隣家との境に卯(う)の字形の防火壁(袖壁)をつけ、これを「卯建(うだち)」といったが、この壁をつけた家は格式の高い家なので、転じて立身する意となった、などの説によるものである。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うだつの関連情報