コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原景山 かじわら けいざん

2件 の用語解説(梶原景山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原景山 かじわら-けいざん

1727-1773* 江戸時代中期の塩田開拓者。
享保(きょうほう)12年8月7日生まれ。讃岐(さぬき)高松藩主松平頼恭(よりたか)の命で,屋島の潟元(かたもと)村に宝暦5年(1755)30ha余の「亥(い)の浜塩田」を完成させた。翌年には「子(ね)の浜塩田」をひらく。安永元年12月27日死去。46歳。讃岐出身。名は景弼。字(あざな)は寅亮。通称は重太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梶原景山

没年:安永1.12(1772)
生年:享保12(1727)
江戸後期,讃岐(香川県)木田郡潟元村(高松市)の塩田開拓者。名は景弼,通称重太夫。景山は号。鎌倉幕府御家人梶原氏の裔で,大内郡引田生まれ。一族の衰微を製塩事業によって復興することを志し,29歳で潟元干潟の干拓を計画。自らも工事に携わる一方で,製塩先進地の赤穂(赤穂市)や松永(福山市)から熟練者を呼び,苦心の末宝暦5(1755)年23町歩余の亥の浜を,同7年には19町歩余の子の浜を築造した。この塩田干拓により17戸の寒村が300戸余の村となったと伝える。<参考文献>香川県女子師範学校編『塩田研究』,水上清『塩と碑文』

(廣山堯道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梶原景山の関連キーワード荒木田麗女藤本木田香川医科大学讃岐以呂近藤梅外讃岐広直増田雅宅珉山吉田拡斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone