コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原直景 カジワラナオカゲ

デジタル大辞泉の解説

かじわら‐なおかげ〔かぢはらなほかげ〕【梶原直景】

[1610~1685]江戸初期の武術家。制剛流俰(やわら)・居合を学び、梶原流柔術を創始

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原直景 かじわら-ただかげ

?-? 江戸時代前期の柔術家。
水早信正(みずはや-のぶまさ)について制剛流をまなび,梶原流をおこす。尾張(おわり)名古屋藩主徳川義直につかえた。通称は源左衛門。名は「なおかげ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かじわらなおかげ【梶原直景】

江戸初期の柔術家。梶原流柔術の祖。尾張徳川家に仕えた。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

梶原直景の関連キーワード尾張徳川家水早信正里村随心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶原直景の関連情報