コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原流 カジワラリュウ

3件 の用語解説(梶原流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かじわら‐りゅう〔かぢはらリウ〕【×梶原流】

柔術の一派。徳川家光のころ梶原直景(なおかげ)に始まるという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かじわらりゅう【梶原流】

古武術の一流派。柔術を主として、居合い・縄術などを含む。三代目梶原源左衛門直景が尾張家に仕えて有名となった。制剛流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梶原流
かじわらりゅう

近世、尾張(おわり)藩で行われた制剛流居合(やわらいあい)の俗称。流祖は梶原源左衛門直景(なおかげ)(1610~85)。直景の父兵部景通(ひょうぶかげみち)は、もと小田原北条氏の家臣で、同氏の滅亡後、美濃(みの)大垣の戸田左門に仕えたが、1628年(寛永5)ゆえあって父子ともに退身し、牢人(ろうにん)となって大坂に移った。ときに直景18歳、兵法者として立つことを志し、同地の水早長左衛門信正(みずはやちょうざえもんのぶまさ)について制剛流を、兼ねて川上伊左衛門重忠(しげただ)に居合を学び、よくその奥義を究め、さらに諸国を遍歴して、一伝流捕手(ほしゅ)、竹内流(たけのうちりゅう)小具足腰廻(こぐそくこしのまわり)、難波流(なんばりゅう)、一無流(いちむりゅう)などの諸流を修め、体術の精妙を得た。やがて江戸へ出て、名を口演随身(こうえんずいしん)と改め、両国に道場を開き、「制剛流組打骨砕(くみうちほねくだ)キノ傳」という看板を掲げて多くの門人を集めた。1644年(正保1)2月、尾張侯徳川義直(よしなお)の知るところとなり、家老渡辺家に付属し、本姓に復し150石を給せられ、家中の諸士に教授した。以後2代景明(かげあき)から9代景富(かげとみ)に至るまで、累代同藩の師範役を勤め幕末に及んだ。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梶原流の関連キーワード梶原直景日光廟十五代(徳川十五代)伊丹直政小笠原直経お琴の方(1)お夏の方(2)梶定良里村随心水早信正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone