梶曲阜(読み)かじ きょくふ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶曲阜 かじ-きょくふ

1799-1874 江戸時代後期の俳人。
寛政11年生まれ。摂津伊丹(兵庫県)で酒造業をいとなむかたわら,伯耆(ほうき)(鳥取県)の杜城にまなぶ。伊丹俳壇の指導者として知られ,上島鬼貫(おにつら)の句風をしたい,その句碑をたてた。明治7年11月14日死去。76歳。通称は大和田屋金兵衛。別号に照顔斎,松の本。著作に「照顔集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android