コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺重石丸 わたなべ いかりまろ

美術人名辞典の解説

渡辺重石丸

国学者。通称与吉郎・鉄次郎、名は重任、号は豊城・鴬栖園隠士・鉄十字等。重蔭の次男、重春の弟、重名の孫。豊前中津生。平田鉄胤門人。皇学所御用掛・香取神宮少宮司を務める。著書に『天御中主神考』『固本策』等がある。大正4年(1915)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺重石丸 わたなべ-いかりまろ

1837-1915 幕末-明治時代の国学者,神道家。
天保(てんぽう)8年11月15日生まれ。渡辺重蔭(しげかげ)の次男。野本白巌(はくがん)にまなび,元治(げんじ)元年家塾道生館をひらく。のち平田篤胤(あつたね)の没後門人となる。維新後,皇学所御用掛,香取神宮神職などをつとめた。大正4年10月19日死去。79歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。初名は重任(しげとう)。号は豊城,鶯栖園隠士など。著作に「天御中主神考」「固本策」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺重石丸

没年:大正4.10.19(1915)
生年:天保8.11.15(1837.12.12)
幕末明治期の国学者。本姓,国前直。初名は重任,のち重石丸と改める。通称は与吉郎,鉄次郎。号は豊城,鶯栖園隠士など。豊前国中津(中津市)の生まれ。祖父重名,父重蔭,兄重春いずれも国学で知られた。早くから中津藩儒手島物斎,同野本白巌に漢学を学び,安政4(1857)年中津に私塾道生館を開いて子弟を教授し,敬神尊皇の精神を鼓吹した。慶応3(1867)年,平田篤胤の著書を読み,その没後門人となる。明治2(1869)年京都皇学所御用掛兼講官となったが,皇学所が廃されて大学校教授に転じ,大学校も廃されて平田銕胤の塾に迎えられた。のち大教院,教部省などに出仕したが,10年以後は東京・麹町に私塾道生館を再開して専ら教育と著述に従った。その著『固本策』は乃木希典をいたく感激させたという。

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺重石丸
わたなべいかりまろ
(1837―1915)

幕末・明治期の国学者、神道家。豊前(ぶぜん)国中津(大分県中津市)に生まれる。初名重任(しげとう)、のち重石丸と改める。号は豊城(ほうじょう)、また鶯栖園隠士(おうすえんいんし)、捫虱庵(もんしつあん)主人、鉄十字。祖父重名(しげな)(1759―1831)、父重蔭(しげかげ)(1792―1881)、兄重春(1831―1890)、いずれも国学者である。初め漢学を学んだが、のち平田篤胤(ひらたあつたね)の書を読んでこれに傾倒し、1867年(慶応3)平田銕胤(かねたね)(1799―1880)のもとに名簿を送り、篤胤没後の門人となる。維新後、京都皇学所御用掛(ごようがかり)、香取(かとり)神宮少宮司、内務省社寺局事務取扱等を歴任したが、1877年(明治10)官途を退き、著述と教育に専念した。彼は、篤胤の神道思想にみられるキリスト教との習合をさらに徹底し、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)こそが全知全能の宇宙の主宰神であると説く「真天主(しんてんしゅ)教」を唱えたことで、神道思想史上注目される。大正4年10月19日、79歳で没した。墓所は東京都豊島(としま)区の雑司ヶ谷(ぞうしがや)霊園。おもな著書に『天御中主神考』(1873)、『真教説源』(1874)、『真天主教説略』(1874成稿)、『固本策』(1889)などがある。[高橋美由紀]
『村岡典嗣著『神道史』(1956・創文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渡辺重石丸の関連キーワード阪井 久良伎湯谷 基守増田宋太郎阪井久良伎柳田清雄日本思想竹内惟忠中尾豊岳湯谷基守

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android