コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棗貝 ナツメガイ

デジタル大辞泉の解説

なつめ‐がい〔‐がひ〕【×棗貝】

ナツメガイ科の巻き貝。潮間帯下にすみ、貝殻は球卵形で、殻径3センチくらい。殻表は淡褐色に濃褐色の斑点が密にある。本州中部以南に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なつめがい【棗貝】

海産の巻貝。貝殻は卵形でナツメの実に似、殻高は約4センチメートル。貝殻の表面は滑らかで淡灰褐色の地に栗色の小斑がある。本州中部以南の浅海にすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

棗貝 (ナツメガイ)

学名:Bulla vernicosa
動物。ナツメガイ科の巻き貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

棗貝の関連キーワード浅海巻貝栗色海産

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android