コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森安平 もり やすへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森安平 もり-やすへい

1828-1865 幕末の武士。
文政11年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。萩(はぎ)藩に潜行し,元治(げんじ)元年(1864)の両藩世子の会見に尽力。第1次幕長戦争がおこると藩命で萩藩主への使者となった。慶応元年藩論が佐幕に一変して入獄,同年10月26日切腹。38歳。名は信度(のぶのり)。字(あざな)は道揆。号は静長堂,春渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森安平の関連キーワード宇田川榕菴パークス月形洗蔵南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)ドラクロアカションサマーズツンベリー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android