森山繁之介(読み)もりやま しげのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森山繁之介 もりやま-しげのすけ

1835-1861 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩につかえ,矢倉奉行高橋多一郎の配下に属した。安政6年(1859)戊午(ぼご)の密勅返納反対をとなえ,長岡屯集ののち脱藩。同志とともに桜田門外に井伊直弼(なおすけ)をおそい,負傷して熊本藩邸に自首。文久元年7月26日処刑された。27歳。名は政徳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android