コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森庄一郎 もり しょういちろう

2件 の用語解説(森庄一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森庄一郎 もり-しょういちろう

1846-1916 明治-大正時代の林業家。
弘化(こうか)3年11月1日生まれ。奈良県吉野郡川上村の材木商。林業巡回講師として山口県,島根県などで指導。明治31年スギ,ヒノキの造林から市場取引までを詳述した「吉野林業全書」をあらわした。大正5年12月15日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森庄一郎

没年:大正5.12.15(1916)
生年:弘化3.11.1(1846.12.18)
明治初期奈良県吉野の山元木材商人,林業老農。大和国(奈良県)吉野郡川上村北和田に生まれる。『吉野林業全書』(土倉庄三郎校閲,1898),『実用重要樹造林の栞』(1914)の著者。明治10年代の川上村材木方惣代をはじめ,村方指導者のひとりとして活躍。『全書』では吉野地方で古くから実践されていた密植,多間伐を特徴とするいわゆる吉野林業技術を詳述し,スギ,ヒノキを中心とする人工造林技術の発展に貢献した。『栞』ではタケを含め針葉樹,広葉樹20種余の造林法を実際の知識と独学で得た林学の知識によって記述した。明治20~30年代には招かれて巡回林業教師となり,山口県,島根県で活躍した。<参考文献>赤羽武他「『吉野林業全書』解題」(『明治農書全集』13巻),土倉祥子『評伝土倉庄三郎』

(赤羽武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森庄一郎の関連キーワード高見山吉野神宮象の小川行者講行者参り吉野葛磐排別之子永田藤兵衛津下紋太郎山桂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone