コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森忠興 もり ただおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森忠興 もり-ただおき

1752-1784 江戸時代中期の大名。
宝暦2年1月3日生まれ。森忠洪(ただひろ)の長男。明和6年播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主森家6代となる。藩校博文館を設立し,文教をさかんにした。天明4年1月30日死去。33歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森忠興の関連キーワードコンバウン朝タウングー朝談義本ナッシュアラウンパヤータウングー朝賀茂真淵(かもまぶち)滑稽本コンバウン朝堀景山

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone