コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森本哲郎 もりもとてつろう

2件 の用語解説(森本哲郎の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

森本哲郎

日本の評論家。1925年10月13日、東京都生まれ。弟はフリーアナウンサーの森本毅郎東京大学卒業後、同大学の大学院に進学し、在学中に東京新聞に入社。大学院修士課程修了後の53年、朝日新聞社に移り、学芸部記者から編集委員などを歴任する。76年に同社を退社して以降は評論家として活動し、テレビ番組のキャスターも務めた。88年には東京女子大学教授に就任し、92年まで比較文明論、日本文化論を担当。主著に、旅行記『サハラ幻想行』『文明の旅』、随筆『ことばへの旅』などがある。2014年1月5日、虚血性心不全で死去。享年88。

(2014-1-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本哲郎 もりもと-てつろう

1925-2014 昭和後期-平成時代の評論家。
大正14年10月13日生まれ。森本毅郎の兄。東京新聞社から昭和28年朝日新聞社にうつり学芸部記者,編集委員などをつとめ,51年フリーとなる。世界各国をあるき,旅行記や歴史,文明論を執筆。63年から平成4年まで東京女子大教授。平成26年1月5日死去。88歳。東京出身。東大卒。著作に「文明の旅」「生き方の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森本哲郎の関連キーワード評論家石子順伊藤至郎稲垣達郎江藤文夫坂西志保高山毅田中穣森秀人吉村貞司

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森本哲郎の関連情報