コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林認証 シンリンニンショウ

デジタル大辞泉の解説

しんりん‐にんしょう【森林認証】

森林が持続可能な方法で適切に管理されていることを、利害関係者から独立した第三者機関が評価・認証する制度。認証を受けた森林から産出された木材に認証マークを貼付することによってトレーサビリティーを確保している。認証機関として、森林認証プログラムPEFC)・森林管理協議会FSC)・『緑の循環』認証会議(SGEC)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森林認証

生態系や水資源の保全など自然環境に配慮して適切に管理された森林から伐採されたことを第三者機関が認める制度。国際的な認証制度としてはFSC、PEFCがある。日本版の「一般社団法人・緑の循環認証会議(SGEC)」は昨年、PEFCと相互認証することで合意し、SGECは国際認証と同格になった。

(2017-04-23 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

森林認証の関連キーワードナカバヤシ FSC認証ノート「フォー・ザ・フォレスト」グリーン・コンシューマー森林認証制度ラベリング森林認証材認証木材森林保護生態系認証材

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森林認証の関連情報