森重靱負(読み)もりしげ ゆきえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森重靱負 もりしげ-ゆきえ

1759-1816 江戸時代中期-後期の砲術家。
宝暦9年生まれ。砲術諸流と橋爪流軍法,古伝三島(さんとう)海戦法をおさめ,合武三島流砲術をひらいた。享和3年(1803)幕府の書院番与力となる。文化13年6月4日死去。58歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は都由(すべよし)。字(あざな)は仲美。号は烏山。編著に「合武三島流舟戦要法」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android