コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏山 からすやま

3件 の用語解説(烏山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏山
からすやま

栃木県東部,那須烏山市東部の旧町域。八溝山地の南西斜面,那珂川の流域にある。 1889年町制。 1954年境村,七合村,向田村の3村と合体。 2005年南那須町と合体して那須烏山市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

からすやま【烏山】

東京都世田谷区北西部の住宅地区の寺町。関東大震災後都心から寺院が移転。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏山
からすやま

栃木県中東部、那須(なす)郡にあった旧町名(烏山町(まち))。現在は那須烏山(なすからすやま)市の東部を占める地域。東部は茨城県と境を接する。旧烏山町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)境、向田(むかだ)、七合(ななごう)の3村と合併。2005年(平成17)那須郡南那須(みなみなす)町と合併して市制施行、那須烏山市となった。JR烏山線の終点。国道294号が走る。旧町域の中心烏山は那珂(なか)川西岸に発達した河岸段丘上にあり、中世は那須氏、近世は烏山藩の城下町として栄え、現在もその名残(なごり)をとどめている。産業の中心は農業で、米作は那珂川沿岸低地と、東部の八溝(やみぞ)山地、西部の塩那(えんな)丘陵を刻む荒川、江(え)川などの谷底平野において行われる。また、近世から葉タバコ栽培も盛んであったが、近年はナシ、ウメなどの果樹栽培や畜産が増加している。近代的工業の発展は遅れているが、伝統的和紙作り(烏山和紙)が残っている。南部は那珂川県立自然公園になっている。八雲神社の山あげ祭は国指定重要無形民俗文化財。那須氏の菩提寺(ぼだいじ)天性(てんしょう)寺、烏山藩主大久保氏の菩提寺太平寺や竜門ノ滝がある。[櫻井明久]
『加倉井健蔵著『烏山風土記』(1966・新生社) ▽『烏山町史』(1978・烏山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏山の関連キーワード栃木県那須烏山市旭栃木県那須烏山市表栃木県那須烏山市金井栃木県那須烏山市白久栃木県那須烏山市城山栃木県那須烏山市滝栃木県那須烏山市田野倉栃木県那須烏山市中央栃木県那須烏山市東原栃木県那須烏山市南

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烏山の関連情報