森 赫子(読み)モリ カクコ

20世紀日本人名事典の解説

森 赫子
モリ カクコ

昭和期の女優



生年
大正3(1914)年6月2日

没年
昭和61(1986)年4月14日

出身地
東京

経歴
日本の女優草分けだった叔母森律子養女となり、昭和7年松竹入社。映画女優としてデビューしたが、9年に新派に移る。花柳章太郎の相手役のほか、映画「残菊物語」などを好演したが、戦後虹彩炎を病んで31年失明、「浪花女」を最後に舞台を去った。同年6月に新派時代の体験を赤裸々につづった自伝「女優」を出版し、ベストセラーとなって“書きますわよ”の流行語を生んだ。その後、戯曲や小説などを執筆した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

森 赫子
モリ カクコ


職業
女優

生年月日
大正3年 6月2日

出身地
東京都

経歴
日本の女優の草分けだった叔母森律子の養女となり、昭和7年松竹入社。映画女優としてデビューしたが、9年に新派に移る。花柳章太郎の相手役のほか、映画「残菊物語」などを好演したが、戦後虹彩炎を病んで31年失明、「浪花女」を最後に舞台を去った。同年6月に新派時代の体験を赤裸々につづった自伝「女優」を出版し、ベストセラーとなって“書きますわよ”の流行語を生んだ。その後、戯曲や小説などを執筆した。

没年月日
昭和61年 4月14日 (1986年)

家族
養母=森 律子(女優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

森 赫子 (もり かくこ)

生年月日:1914年6月2日
昭和時代の女優
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android