棲遅・栖遅(読み)せいち

精選版 日本国語大辞典「棲遅・栖遅」の解説

せい‐ち【棲遅・栖遅】

〘名〙
① ゆっくりと心静かに住むこと。いこい安らいでくらすこと。
※凌雲集(814)謁海上人〈仲雄王〉「眺矚存閑静、栖遅忌劇務
※島根のすさみ‐天保二年(1840)九月一〇日「貉邱記〈略〉貉名団三郎。従卒衆多。開国以来栖遅乎此」 〔詩経‐小雅・北山〕
② 世俗を離れて田野に住んでいること。官に仕えず、民間にあること。閑居すること。また、その人の家。
※江吏部集(1010‐11頃)中・述懐古調詩一百韻「栖遅身未達、亡考早為煙」
※太平記(14C後)三五「何(いか)なる人の棲遅(セイチ)にてかあるらん」 〔禰衡‐鸚鵡賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android